実は私、ライター以外にせどりや転売をしていました。

 せどり・転売を始めた方でイマイチ利益が出ているのか分からない人は多いのではないでしょうか。
その理由としてはビジネスの収支、キャッシュフローをしっかり把握できていない可能性が高いです。

今回は転売ビジネスを始める上で重要になる資金管理の仕方を簡潔に解説します。さらに初心者向けに気を付けることを紹介していきます。

せどり・転売における資金管理の重要性と管理の仕方

資金管理の重要性

せどりにおいて、なぜ資金管理が必要なのかを考えてみましょう。せどりをたかが転売と考えていると利益が全くでないどころか借金を背負う羽目になる可能性もあります。せどり・転売をビジネスとして認識し、資金を管理する事が最重要です。自分のビジネスの状況を数値で表し、それを把握することで現在のビジネスをより効率良く経営することが出来るようになるはずです。

帳簿を付ける

帳簿を付けることがせどり・転売ビジネスを上手に管理するコツです。
帳簿とはいえ簿記、会計学などの知識は必要ありません。

まずは仕入れた日付、仕入れ価格、仕入れ先を記入しましょう。期間をまとめて書き込むよりも、1日ごと、または店舗ごとに記載することが鉄則です。
エクセルを利用して帳簿をまとめる方法もありますが、こまめに記録するためにスマホのお小遣い帳アプリを使うことをお勧めします。

この基本的な作業をしないと、自分のビジネスがどのような状態なのかを把握できなくなります。既にせどり・転売を始めていて帳簿を付けていなかった方もこれを機に是非始めてみましょう。現状からでも、ビジネスの状態を把握することは不可欠です。

管理するべきビジネスの指標を押さえる

 せどり・転売ビジネスで管理するべき指標は、売上額、利益額、利益率、仕入れ価格、売上原価、販売価格、費用、成長率です。数値化できる特性は全て指標で表し、データとして管理しましょう。これらの作業を怠ってしまうとお金が増えるどころか赤字に陥ってしまうこともあり得るのです。

例えば、売上額と利益率だけを把握していても実際のお金の流れを理解しているとは到底言えません。指標の管理はビジネスの経営において必須です。
ただ、この業界では資産の管理が一般的に難しいと言われているのも事実です。その理由は管理する資産が、お金と商品の2種類があるからです。

ここでは仕入れ価格での在庫状況、販売価格での在庫状況をどちらもまとめましょう。そうすることで、予想していた販売価格で売れなかった場合の資産運用が容易になります。

収支とキャッシュフローを理解する

 収入と支出を示す収支とキャッシュフローはどちらもお金の動きを計るために用いられますが、厳密には意味が違います。

収支とは文字通り、ビジネスを通して生まれた収入つまり入ってくるお金、また支出、費用として出ていくお金を意味します。
せどり・転売でしっかりと利益がでているかを確認する時は、収支を見るのが正しいと言えるでしょう。

一方でキャッシュフローとは実際のお金の流れとして定義されます。
つまり仕入れ時の現金での支払い、またはクレジットカードで仕入れた場合は引き落とし日、売上金の受け取りなどがお金の移動するタイミングです。

取引先への支払いが滞っていないかなどのキャッシュフローの把握をすることで、ビジネスがきちんと機能しているかを計るカギになります。

見込み売り上げも収支に含める

 実際にせどり・転売のマネジメントを始めてから収支を計算すると、「儲けているどころか、赤字になってしまっている」。という人も多いのではないでしょうか。

収支を管理する上で重要なのは、在庫商品の売り上げ見込みも収益に入れて計算するということです。
資本の管理をしていても、手元にあるキャッシュだけを見ていては仕入れに費やした費用だけが膨れ上がっているように見えます。

その際に大まかでも売り上げ見込みは、きちんと数値化して計算に入れることが大切です。そうすることで稼げていることを実感し、ビジネスの経営に注力できるようになるでしょう。

円滑なキャッシュフローを維持する

商品の仕入れをする時に一番意識すべきなことは、回転率です。回転率とは商品を仕入れてからどのくらいの期間に、いくつの商品が売れたかを示しています。いくら商品をがむしゃらに仕入れて見込み売り上げに計上しても、売れるまでの期間が物凄く長い、注文頻度が極端に少ないと見込み売り上げの現金化が追い付きません。つまり、不良在庫ばかり増えてしまい、商品の仕入れの支払いが追い付かなくなってしまいます。このような事態を避けるために、短期間で売り上げが見込める商品を見極めて仕入れをするようにしましょう。

競合相手の数をチェックする

注文頻度があまり高くない商品で同じモノ転売している出品者が多いと、売り切るまでに時間がかかりすぎてしまいます。

仕入れ時に同じ商品を取り扱っている競合相手の数を把握して、どの商品を何個仕入れればいいのかを検討しましょう。
そうすることで、無駄な仕入れをせずに効率良く予想売り上げを得られます。

さて今回はここまでになります!

次回に続く...

おすすめの記事