前回の引き続きです!

今回は、「型」について紹介しますね!

2セールスレターの型

キャッチコピーやブログ記事の書き方に型があるように、セールスレターにも書き方の型があります。この型は世界中のコピーライターが幾度となくテストを繰り返し、失敗や成功を経てたどり着いた「売れる型」です。

まずはこの型に従って書いていきましょう。売れる型を分解すると、次のような3パートに分かれます。

キャッチコピーパート

└ヘッドコピー・リード文(サブヘッドコピー)

ボディコピーパート

└スリップイン・メイントピック・第三者の声・商品写真

 ブレッド・ボーナス特典

クロージングパート

└価格・リスクリバーサル・申込み方法・追伸

ここからは、一つずつ詳しくご紹介していきます。

セールスレターにおいて、最も重要のがこのキャッチコピーパートです。「キャッチコピーに全体の8割の力を注ぎ込め」と言われるほど、セールスレターの運命を決めるパートになります。世の中には「ヘッドコピーしか読まない」人が60%もいるのです。そのため、ヘッドコピーで興味を引けるかどうかで、そのセールスレターが見込み客に読まれるかどうかが決まります。ヘッドコピーで一目惚れさせ、リード文で誘い込む。これがキャッチコピーパートの役割です。

このヘッドコピーとリード文を作るときに欠かせないのが、次の3要素です。

・ターゲットの明確化

・ターゲットが思わず反応する言葉

・売りたい商品のセールスポイント

ターゲットの明確化

まず、ターゲットを明確化することは必要不可欠です。このターゲット設定はペルソナともいい、実在の人物だと思えるぐらい、練り込まれた設定のことを指します。たとえばダイエットプログラムのセールスレターを書きたいのなら、下記のような情報をしっかりと決めます。

  • やせる目的
  • 減らしたい体重
  • 細くしたい部分
  • 年齢
  • 性別
  • 仕事(デスクワークなのか? 接客なのか? 営業なのか? はたまた主婦なのか?)
  • 現在の体型
  • 家族構成
  • 恋人・配偶者の有無
  • 住んでいる場所
  • 終業後、家でやっていること
  • 趣味

身近に自分の商品を買ってほしい人がいるなら、その人をターゲットと定めるのもひとつの方法です。

ターゲットを決めたら、次は売りたい商品に関する言葉でターゲットが思わず反応する言葉を洗い出します。

このときは「足ヤセ」「食事制限いらず」「マイナス5キロ」などの機能面だけでなく「モテる」「ビキニが着られる」「アラサーでも平気」など、精神的なメリット、掴みたくてたまらない未来のイメージも思いつく限り書きだしましょう。

今回はここまでにさせて頂きます!

次回に続く...

おすすめの記事