さて今回はブログ記事の作り方を紹介させて頂きます。

セールスレターの作り方シリーズはパート⑤まで行きました。

さて今回のブログ記事の作り方は何パートまでいくのでしょうか。

そんなことを思いつつ張り切っていきますね。

そんな「ブログ記事の作り方」では、コピーライティングの中でも特に、ブログを書くための基本的なテクニックをご紹介していきます。インターネットで収入を得る手段として、ブログは最も稼ぎやすく、ファンを作りやすい媒体であると言えます。

たまたまあなたのブログを訪れた人が、思わず最後まで読み進め、2記事、3記事と読み込んでしまう。そんなブログを作ってしまえば、それはあなたに収益をもたらす大きな「資産」になります。では一体、どのようにすれば、思わず読み込んでしまう記事が書けるようになるのか、具体的に説明していきます。

目的を明確にする

まず、何より先にやるべきことは、ブログ記事を書く「目的を明確にすること」です。「今日のブログは〇〇という目的で書いている」と言い切れるくらい明確にしましょう。

例えば、ダイエット法を発信しているブログなら「今日は継続力をつけるためのマインドセットを書く」といったように、具体的に決めておくことが大切です。この過程を省いてしまうと、記事の方向性が定まらず、支離滅裂な内容になってしまい、二度とあなたのブログは読まれなくなってしまいます。

また、日記のように食べた料理や訪れた場所の写真をアップして「楽しかった」などと感想を綴る人がいますが、これは絶対にやってはいけません。読者が知りたいのはあなたの日常ではなく、自分の悩みを解決するための情報なのです。

何を読みたがっているかリサーチする

あなたのブログを訪れる読者が、「どんなことに関心があるのか?」、「何を読みたいと思うのか?」を知っていなければ、読まれる記事を書くことは出来ません。

まずは、多くの人が読みたがっているテーマを調べる必要があります。この時大切なのは、「自分の感情を入れない」ことです。たとえあなたに興味が無いことでも、あなた以外の10000人が知りたいと思っていれば、そちらを優先するべきです。

もし、あなたは興味があることでも、世間の興味が違っていれば、どんなに質の高い記事を書いたところで、誰にも読まれない可能性があります。重要なのは、視野を広げ、時事ネタやトレンドなど、話題性のあるテーマをリサーチすることです。

次回に続く...

おすすめの記事