コロナで近くのライフが20時?で閉まってしまいます。夜22時に帰る私にはライフでごはんが買えないという事態になっています。早くコロナの自粛ムードがなくなればいいですね。

そんなコロナの時期ですが、記事の更新は忘れません。

それでは前回に引き続き、今回は不用品転売についての多くのサイトの出品方法について比較してみました!

出品方法がカンタンなので、初心者でも不用品を楽々に転売できる

フリマアプリやネットオークションで有名な

Amazon、ヤフオク、ラクマ、メルカリの出品方法を比較しました。

Amazon(アマゾン)

出品するときには、各設定項目などの意味をきちんと把握しておく必要があるため、ネット初心者には難しい。

ヤフオク

Amazonのように知識は不要。けれども、フリマ出品かオークション出品かを選択する必要があり、オプション設定などの手間がかかる。

ラクマ

メルカリのように出品方法はお手軽。しかし、利用者数が少ない傾向にあるため、すぐに売却できるとは限らない。

メルカリ

パソコンだけでなく、スマホだけでもすべての作業が完了できる。4つの中で比べると、ネット初心者でも扱いやすい。

上記で紹介したように、「出品や取引がどこでも気軽にできる」ところがメルカリの最大の魅力だと言えるでしょう。

システムを覚えてしまえば、わずか5分程度で出品することも可能です。

どこに出品すればいいのかわかりましたね。

次回に続く....

おすすめの記事