情報商材販売

本章では、情報商材を販売するモデルについてご説明します。情報商材を作成し、マーケティングとセルフブランディングを行い、見込客を教育してセールスへ結びつける必要があるため、スキルと経験、そしてかなりの準備が必要です。

一つ売るのも苦労するはずですが、うまくはまれば商材の単価が高く直販である分かなりの売上も期待できます。
中には、年間億を超える売上を上げている人もいるほどで、夢のある分野ではあります。

こういった情報商材の作り方、マーケティング方法などご説明したいと思います。

情報商材販売の概要

情報商材とは、インターネット上で主に販売されている情報のことです。PDFや動画にまとめられていることが多く、最近ではBASEやnoteなど情報商材を作りやすい・売りやすいプラットフォームも出てきました。

情報商材においては、その中で語られている情報自体が価値を持っています。そのため、情報商材の多くは何らかのノウハウを取り扱っています。

領域としては副業・モテる方法・ダイエット・投資などが多いのですが、こういったジャンルはレッドオーシャンとしてあえて避け、ニッチな領域で限られた見込客を相手に販売する人も増えています。

情報が価値を持つためには、「自分が知らない価値あることをこの人は知っている」という「情報の水位差」を演出し、うまく利用する必要があります。

したがって、自分が「高いところ」に上るための実績づくりやセルフブランディングは欠かせませんし、差を見せつける相手の絞り込みのためのマーケティングやセールストーク(ライティング)も必要です。

人間心理の機微を分かっている人にとってはたやすいことでしょうが、そうでない人だとなかなか大きく稼ぐことは難しいかもしれません。

しかし、繰り返しになりますが稼げる金額は大きいものがあります。

以上まずは概要のみをお伝えしました。

次回がとても気になると思います。楽しみにしていてくださいね!

おすすめの記事